新感覚の間食撃退ダイエットサプリ【RECALO(リカロ)】!
お腹が空いたらタブレットを『ポリポリ』と!
ピーチ風味の爽やかな発泡がお腹の中でブクブク膨らんで食欲を一生懸命抑制してくれます!

【RECALO(リカロ)】

 

【RECALO(リカロ)】が選ばれる『3つ』の理由

【RECALO(リカロ)】が選ばれる『3つ』の理由

 

発泡するから満足感が高い!

【RECALO(リカロ)】はちょっと小腹が空いた時にポロポリかんで!
ピーチ風味のアワアワが・・・!
水分と反応すると発泡作用があるので、お腹の中も大満足!
ダイエットの辛い『ガマン』が要りません!

【RECALO(リカロ)】発泡するから満足感が高い!

吸収や蓄積を抑える『3つ』の成分を贅沢に配合!

【RECALO(リカロ)】には、吸収や蓄積を抑える『3つ』の成分が贅沢に配合されています。

桑の葉

桑の葉にしか発見されていない注目の成分『デオキシノジリマイシン(DNJ)』という成分には、糖質の分解を抑制したり、吸収を抑える働きがあると言われています。

 

ギムネマエキス(別名:グルマール)

ギムネマはインド原産のハーブの一種で、葉を噛むと甘味を感じにくくさせる作用がある事で知られています。
血糖値の上昇や脂肪の蓄積を抑える効果があると言われています。

 

白インゲン豆エキス

白インゲンに含まれるファセオリンが、デンプンとα-アミラーゼをブロックし、糖質の吸収を抑えます。白米、麺類、イモ類の『余分』が激減!

痩せやすい身体を作る『2つ』の成分配合で更にパワーアップ!

【RECALO(リカロ)】は、痩せやすい身体を作る『2つ』の成分を贅沢に配合し、理想の身体へ更にパワーアップ!

 

酵素

酵素を十分に摂取できると、代謝酵素の働きが活性化して、基礎代謝量のアップ、痩せやすい身体を作る事が出来ます。

 

乳酸菌

腸内環境を整えることは、内蔵機能のアップに繋がります。
更に体内の老廃物をスムーズに排泄することが出来、基礎代謝を上げて、『太りにくく痩せやすい体質』になり、理想に少しでも近づく事に役立ちます。

 

最安値で一番おトクに始められる『とく得モニターコース』(定期コース)が絶対オススメ!

【RECALO(リカロ)】を始めるんんだったら、最安値で一番おトクに始められる『とく得モニターコース』(定期コース)が絶対オススメ!

【RECALO(リカロ)】を始めるんんだったら、最安値で一番おトクに始められる『とく得モニターコース』(定期コース)が絶対オススメ!

 

通常価格

5,378円(税込)

 

『とく得モニターコース』(定期コース)価格

初回:540円(85%OFF!・税込)
2回目以降:3,542円(34%OFF!・税込)

 

※送料無料!
※定期コース縛り・・・4回

しっかり体感するには最低3、4ヶ月は継続必須!
だから、定期コースの縛りも特に気になる期間では無いですね!
【RECALO(リカロ)】をこんなにおトクに始められるのは『とく得モニターコース』(定期コース)だけです・・・!

 


 

 

最安値は公式サイト! 大手通販ショップの価格調査を実施!

【RECALO(リカロ)】を実際に購入する際、市販されているのか、市販されているのならどこで購入するのが一番安くてお得なのか、ホントに【RECALO(リカロ)】公式サイトの定期コースが一番お得なのか調査しました!
調査したのはネットショッピングモールで大手の『楽天』『amazon・アマゾン』『ヤフーショッピング』です。

 

楽天で【RECALO(リカロ)】を探す

まずは『楽天』で【RECALO(リカロ)】を検索してみました。

 

楽天で【RECALO(リカロ)】を探す

 

『楽天』ではヒットしませんでした。
ということで『楽天』は【RECALO(リカロ)】を最安値で最もお得に購入出来るお店ではありませんでした。

amazon・アマゾンで【RECALO(リカロ)】を探す

次に『amazon・アマゾン』で【RECALO(リカロ)】を検索してみました。

 

amazon・アマゾンで【RECALO(リカロ)】を探す

 

『amazon・アマゾン』でも【RECALO(リカロ)】はヒットしませんでした。
ということで『amazon・アマゾン』も【RECALO(リカロ)】を最安値で最もお得に購入出来るお店ではありませんでした。

ヤフーショッピングで【RECALO(リカロ)】を探す

最後に『ヤフーショッピング』で【RECALO(リカロ)】を検索してみました。

 

 

『ヤフーショッピング』でもヒットはありませんでした。
ということで『ヤフーショッピング』も【RECALO(リカロ)】を最安値で最もお得に購入出来るお店ではありませんでした。

 

調査結果

【RECALO(リカロ)】を購入するなら【RECALO(リカロ)】公式サイトの定期コースが一番お得という事が判明しました!

 

 

【RECALO(リカロ)】の商品情報

商品名 RECALO(リカロ)
名称 ギムネマ抽出物含有食品
内容量 60.0g(400mg×150粒)
価格・送料
通常価格

5,378円(税込)

 

<


div class="arrow_red">『とく得モニターコース』(定期コース)価格

初回:540円(85%OFF!・税込)
2回目以降:3,542円(34%OFF!・税込)

※送料無料!

原材料 還元麦芽糖水飴、難消化性デキストリン、ギムネマ抽出物、桑葉末、白インゲン豆エキス末、グァバ葉エキス末、有胞子性乳酸菌、デキストリン、野草醗酵エキス末(りんご・やまいも含む)、クエン酸、炭酸水素ナトリウム、香料、着色料(紅花赤)、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、キトサン(かに由来)
決済方法 クレジットカード・コンビニ後払い
解約・休止 5回目以降のお届け予定日の7日前までに電話連絡にて

TEL:03-5428-6336
受付時間:月曜日から金曜日 11:00〜16:00(土日祝日除く)

注意事項
  • 食物アレルギーのある方は原材料名表示をご参照下さい。
  • 薬を服用している方、通院中の方は担当医にご相談の上ご使用下さい。
販売業者 グッドミライフ株式会社

 

【RECALO(リカロ)】に良くある質問

いつ服用するのが良いでしょうか?

食前、食間をオススメします。
食事の量を減らすことを目的としている方は『食前』がオススメです。
どうしても間食がやめられないという方には『食間』がオススメです。

どんな人にオススメでしょうか?

【RECALO(リカロ)】は、小腹が空いた時にポリポリ噛んで摂取するタブレットで、間食の代わりになるので、間食でお菓子などを食べてしまいがちな方にオススメです。

今飲んでいる薬と併用しても大丈夫でしょうか?

薬を服用されている方、通院中の方は担当医にご相談の上、ご使用下さい。

 

カロリーと肥満は関係無い

肥満気味の人に対して、ダイエット指導で今でも行われているのが、『カロリー制限』。
しかし、カロリー制限を守っていても、空腹に苦しむだけでダイエット効果は期待出来ません。
肥満は、血糖値が上がることで起きるのであり、血糖値を上げる糖質を控えれば痩せていきます。
これが肥満、そしてダイエットの真実です。
『カロリー説』を訴える栄養士は、『消費カロリーより摂取カロリーを減らせば痩せる』と言うのですが、身体はそんなに単純なものではありません。
もしそれが本当なら、酒飲みはみんな大デブになっているはずです。
アルコールはどれも高カロリーですから。
毎日ウイスキーをボトル半分のんでしまうのに、痩せている人があなたの周囲にもいるでしょう。
ボトル半分でゆうに800kcalは摂ってしまうのに、太らないのは、ウイスキーにはほとんど糖質が含まれないからです。
一方、ジャガイモを食べながらビールをガブガブ飲むドイツ人が太っているのは、ジャガイモにもビールにも糖質が多いからです。
つまり、ダイエットにカロリーを持ち出すのは非常にナンセンスなのです。

 

参考:医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68 [ 牧田 善二 ]

 

ポッコリお腹はなぜへこまないのか?

健康な人が過剰摂取した糖質が、グリコーゲンや中性脂肪として蓄えられるのは、飢餓に備えての当然の仕組みです。そのおかげで、何かの事情で食事が摂れなくても、水さえ飲んでいれば私達は1ヶ月近く生き延びる事が出来ます。
食事が摂れずに血中のブドウ糖が不足すると、まずは肝臓や筋肉の細胞に取り込まれていたグリコーゲンがブドウ糖に戻され、エネルギーとなります。
それが無くなれば、脂肪細胞に取り込まれていた脂肪がエネルギーとして使われ、一部はブドウ糖に戻されます。
逆に言うと、脂肪細胞にある中性脂肪がエネルギーに変わるのは後回しであり、だからこそ一度溜め込んでしまったお腹の脂肪はなかなか無くならないわけです。
実は、脂肪は糖質と比べ、とてもエネルギー効率が良いのです。
例えば体重70キロの健常男性のエネルギー貯蔵量なのですが、肝臓に貯蔵されているグリコーゲンは70gで、280kcalのエネルギーとなります。
一方、脂肪細胞に貯蔵された中性脂肪は15,000gで135,000kcalです。
同じ1gでも、グリコーゲンは4kcalなのに、脂肪にすれば9kcalのエネルギーを放出出来ます。
こうした効率の良い脂肪は、より貯蔵に適していて、徹底して溜め込まれる傾向にあるのです。

 

 

参考:医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68 [ 牧田 善二 ]

 

水分不足はダイエットの敵!空腹の原因にも!

『水太り』という言葉を時々耳にしたことがあるかと思いますが、水を飲んだだけで、太ることはありません。
もちろん、水を500ml飲めば、一時的に0.5kgは増えますが、後で汗や尿となって排出されます。
人間の身体の60〜70%は水分で出来ています。健康美を保つためにも、水分は不可欠です。水を飲むことで、リンパや血液の流れも良くなります。便秘にも効果的です。
水分が足りないと、果物やラーメンのスープ、カフェオレ、アイスクリームなど、塩分や糖分など余計なものまで含まれた水分で補おうとしています。
水分摂取でオススメの飲み物は、ノンカロリー、ノンカフェインのお水や麦茶。
お水の種類は好きなものでOK!無糖なら炭酸水でも構いません。
アルコールやカフェインは水分を身体の外に排出する作用があるので、必要な水分にはカウントしません。
栄養学では、人が1日に必要とする水分摂取量は、『体重×30ml』と言われています。
例えば、50kgの人は50×30=1,500ml。つまり1.5リットルです。
汗をたくさんかく方や、スポーツをする方は、『体重×40ml』位摂取して下さい。
ただし、一気に飲むと、腸が水分を吸収しきれず、すぐに排出されてしまうので、1回に50〜100mlずつくらいをイメージして、こまめに水を飲む習慣を付けましょう。
また食事中、口の中に食べ物がある状態で水を飲んだり、水で食べ物を流し込むのもNG!
唾液が薄まり、消化に負担がかかってしまうためです。

 

参考:ダイエットの教科書【電子書籍】[ ダイエットコーチEICO ]

 

 

間食撃退!ピーチ風味の爽やかな発泡がお腹の中でブクブク膨らんで食欲を一生懸命抑制してくれます!

 

 

 

- - - - -  運営者情報・お問合せ  - - - - -